脂肪吸引の手術でスタイル抜群に|簡単に美ボディゲット

ビフォーアフターの図と医者

アフターケア

笑顔の医者

美容外科で脂肪吸引手術を受けたあとは、しっかりアフターケアを行う必要があります。これを行うのと行わないのとでは、得られる痩身効果に大きな差が出てきます。また、ダウンタイム期間にも関わってくるため、できるだけダウンタイムを短くするためにも、術後はアフターケアを怠らないようにしましょう。
まず大切なアフターケアとして、マッサージがあります。なぜマッサージを行うのかというと、脂肪吸引手術を受けたあとは一時的に皮膚が硬化してしまうためです。脂肪細胞を取り除いたことで、体内の脂肪層は薄くなります。すると周りにある細胞組織がお互いに結合を始めるため、その影響から一時的に皮膚が硬くなってしまうのです。もちろん、ある程度の期間が経てば現象は収まるのですが、積極的に患部にマッサージを施すことでその期間を短縮することができます。
マッサージは、自身の気が向いたときや気付いたときに積極的に行いましょう。入浴後の温まった状態はとくにおすすめで、毎日コツコツと続けることでダウンタイムは短くなります。

脂肪吸引手術を受けたあとは、患部にむくみが発生することがあります。手術を施すことで一時的に血行不良となり、その影響で患部に水分が溜まりやすくなってしまうのです。このむくみは自然に収まるものではありますが、マッサージを施すことでより早く解消させることが可能です。またマッサージだけでなく、積極的な水分摂取やデトックスなど、血行促進・新陳代謝アップを狙うこともおすすめのむくみ解消法です。
なお、冷え性を持っている人は、そうでない人に比べてむくみが発生しやすいといわれています。そのため冷え性の人には、こういったアフターケアが必須であるといえます。

むくみだけでなく、術後は患部が内出血を起こすこともあります。症状は時間とともに少しずつ収まっていきますが、大体2週間は続くとされているため、目立ちやすい部位に手術を施す場合には、あらかじめ術後2週間程度は予定を空けておくといいかもしれません。内出血も、冷え性の人は長引きやすいといわれています。
内出血対策としては、できるだけ安静にしておくことが重要であるといえます。1週間程度はマッサージも控え、1週間が経過したら患部の様子を見ながらマッサージを始めるとよいといわれています。血行促進を図ることで、症状が早く収まることもあります。

このように、ダウンタイム時に現れる症状を早く落ち着かせるためにも、アフターケアは非常に重要です。
脂肪吸引手術を受ける際や受けたあと、担当の医師からアフターケアの方法や注意点などを指導してもらうことができます。これを施すか施さないかによって痩身効果やダウンタイムに大きな影響を与えるため、しっかり聞いておく必要があります。