脂肪吸引の手術でスタイル抜群に|簡単に美ボディゲット

ビフォーアフターの図と医者

吸引できる量

お腹についたマーカー

ダイエットのため、美容外科で脂肪吸引手術を受ける人は数多くいます。脂肪吸引手術の種類もたくさんあるため、自身に適したものを選ぶことでよりきれいに痩せることができます。とはいえ、脂肪吸引手術だからといっても、気になっている脂肪をすべて取り除くことができるかといわれればそうではありません。取り除ける脂肪の量は、4,000ml程度までと決まりがあります。
この量は”皮膚のたるみ具合”で決まるため、人によって上限は異なります。肌にたるみがあると、脂肪を取り除いてしまうことでさらにたるみが悪化する可能性があります。脂肪と同様、たるみも見た目の美しさを損ねてしまう原因のひとつ。つまり、きれいになろうと思って脂肪吸引手術を受けたはずが、脂肪をとりすぎることによって逆に美しさが損なわれてしまったということになってしまうのです。
ちなみに、たるみの量が少ない人の場合は、3,000ml程度が限度とされています。

脂肪吸引手術によって吸引できる脂肪の量は、医師や手術方法、部位によって変わります。
身体の部位によって、脂肪のつきやすさは異なります。太ももやお腹のように脂肪がつきやすい部位は、吸引できる量は多くなります。対して背中などの脂肪がつきにくい部位は、吸引できる量は少なくなります。
そして、利用する手術方法も必ずチェックしておきたい点です。手術によって使用する機器は異なるため、必然的に吸引できる脂肪の量は異なります。1回でたくさんの脂肪を取り除きたいという場合は、医師にしっかり相談し、医師の指示に従うようにしましょう。
これらの点を意識しておくだけで、術後の仕上がりには大きな差が出ます。